のぼりがあることのメリットとは?

ネット社会でも侮れない口コミの影響力

現在はブログや交流サイトを中心としたインターネットの利用が一般的なため、ネットを活用した集客も当たり前のように行われていますね。世界的・全国的な企業であればある程度は有効な手段ですが、限られた地域で営業する中小企業や飲食店の場合は、ターゲットとなるお客様に訴求できないおそれもあります。
そこで中小事業者が活用すべきなのは、昔ながらの口コミです。このお店はサービスが良かった、おいしかったという感想を持つ人が増えて日常会話の中でお店が話題になれば、自然と宣伝につながります。口コミはネット上にも広まりますから、効果は絶大です。
口コミのきっかけとしては、従来型の新聞折り込み広告や屋外広告を利用しましょう。特に目立つのは、サービスの内容が一目でわかる「のぼり」です。

のぼりは目に留まりやすいのがメリット

のぼりはインターネットやマスコミが普及するよりもずっと前から存在しますが、決して古い宣伝手段ではありません。むしろ、数世紀にわたって使い続けられていることこそ、効果があることの証拠です。
幹線道路沿いのお店ならば、敷地の端にのぼりを立てておくだけで、内容が車で通りかかった人の目に入ります。住宅街や商店街であっても、風になびくのぼりはただの看板よりも目立ちますから、注目してもらえるきっかけになるでしょう。
のぼりを設置する際のポイントは、「本日割引」などのわかりやすく短い文言を記載して、読みやすい色遣いとレイアウトにすることです。あまりにも派手すぎるものではなく、店舗の外観や風景にマッチさせることも大切です。