のぼりの作り方とは?

暖かな色は人目を引き易い

のぼり旗を作ると言っても、ただオリジナルのデザインにこだわっているだけではのぼり本来の効力は得られません。とにかく集客させるために、目立たせることが重要です。
のぼりと言う縦長の形状からデザインの幅はそう広く無いとして、人の目に留まるためにはカラーリングが重要になるのではないでしょうか。ただ歩いているだけの人へ無意識の状態でものぼりを認識させるには、暖色を選ぶと効果的です。暖色とは赤色や黄色、ピンク、橙色などの暖かさをイメージする色彩を指します。暖色は工事現場などでも良く使用されていますが、明度の高い暖色はより注意喚起に適しているためです。つまり、高い有目性を得るために最も適した色彩であると言えます。

文字色と背景色の選び方が読み易さを作り出す

いくら暖色をのぼりに使用してもそれだけでは、人から注目を浴び誘導するには足りません。のぼりは広告するための手段であることを考えれば、読み易く分かり易いことが命でしょう。
人が瞬間的にのぼりを認識し易くするためには、アイキャッチとなる文字とその背景色の組み合わせが重要です。例えば背景と文字の色を反対色(捕色)と組み合わせれば、奇抜な雰囲気が人目を引きそうです。また前述した暖色に限らず、青色や緑などの寒色でも配色によって目立たせることは大いに可能です。(例えば冷やし中華ののぼりが燃え盛るイメージのカラーリングであるのはかなり抵抗感があります。)基本的に文字色と背景色のみがデザインの大部分を占めるのぼりは、ひと目で読み易く目立つ配色を考えて制作すると良いでしょう。